庇波板張替え工事

  1. ホーム
  2. 庇波板張替え工事

庇波板張替え工事

2020年06月1日

こんにちわこーたろーこと大橋です。

今回は庇波板張替え工事を紹介したいと思います。『庇が風でバタバタする』と連絡を頂き早速現場に向かいました。

私が到着した時も風が強く『バンッバンッ』と叩きつけられる音がしていました。

ところどころ割れてなくなっているのがわかります。屋根に登ってみると…

経年劣化で波板がパリパリになっており下地に再度止めてもまたこの様な事が起きてしまいます。このままでは危険ですので応急処置として仮止めしました。

お客様にその旨を説明し、改めて波板張替え工事をさせていただくことになりました。

風が強い日であれば、たとえ仮止めしたとしても割れて飛んでいく可能性があります。いち早く工事日程を決め工事させてもらうことに。

工事後です。今回使用した波板はポリカーボネートという素材でできており寿命が約10年~15年となっております。 見た目もガラっと変わりました、なによりこれで一安心です。

 

風、台風の影響で何かが飛んだということをたまに耳にします。あってからでは遅いので皆様もその前に処置してはいかがでしょうか!! 弊社は年中無休で対応できますので何かお困りの事がありましたら御一報下さい!!

このページの先頭へ