庇波板張替え工事

  1. ホーム
  2. 庇波板張替え工事

リフォーム全般

庇波板張替え工事

2020年06月1日

こんにちわこーたろーこと大橋です。

今回は庇波板張替え工事を紹介したいと思います。『庇が風でバタバタする』と連絡を頂き早速現場に向かいました。

私が到着した時も風が強く『バンッバンッ』と叩きつけられる音がしていました。

ところどころ割れてなくなっているのがわかります。屋根に登ってみると…

経年劣化で波板がパリパリになっており下地に再度止めてもまたこの様な事が起きてしまいます。このままでは危険ですので応急処置として仮止めしました。

お客様にその旨を説明し、改めて波板張替え工事をさせていただくことになりました。

風が強い日であれば、たとえ仮止めしたとしても割れて飛んでいく可能性があります。いち早く工事日程を決め工事させてもらうことに。

工事後です。今回使用した波板はポリカーボネートという素材でできており寿命が約10年~15年となっております。 見た目もガラっと変わりました、なによりこれで一安心です。

 

風、台風の影響で何かが飛んだということをたまに耳にします。あってからでは遅いので皆様もその前に処置してはいかがでしょうか!! 弊社は年中無休で対応できますので何かお困りの事がありましたら御一報下さい!!

一年生になりました(*^-^*)

2020年04月10日

コロナの影響で、外出も買い物も控えています💦 お天気もよく暖かい日も続き、お出かけしたくなりますが、今は我慢です💦 早く終息してほしいですが、長期戦になりそうですね(T_T)

経理の樋口です。

そんな中、昨日は、娘の『入学式』でした😄

大垣市でも、コロナウイルスの感染者が出ている為、どうなるのか…と思っていましたが、小学校の先生方の徹底した配慮の中、入学式が行われました。

入学式は、新一年生と教職員、保護者は1名のみの式でした。

そして、全員がマスクを着用し、体育館は座席の間隔を空けて、窓は全開でした。

クラスの割り振り表を見てから、受付を済ませ、子供達を教室に連れていき、保護者は教室に入る事なく体育館へ向かいました。

保護者が揃った所で、今後の日程や必要書類等の説明があり、新一年生が入場してきました。

校長先生のお話を聞き、退場していきました。

そして、クラスごとに体育館に入ってきて、集合写真を撮りました。

集合写真を撮影する瞬間だけ一斉にマスクを外し、終わったら一斉にマスクをつけ、そのまま解散です。

保護者は一度も教室に入る事も、担任の先生の声も聞く事もなく…

寂しく、あっという間に終わってしまいましたが…

一生に一度の入学式が出来て良かったです。

 

 家を出る前、初めて制服とランドセルを背負った写真です😄

通学路を覚える為にも、小学校までは歩いて行きました。校門まで20分かかりました😅

小さい体で、大きく重たいランドセルを背負っての通学…

慣れるまでは、クタクタだろうな~

でも、たくましくなるだろうな~と思う母でした😉

入学してそうそう、しばらく休校ですが、コロナウイルスも落ち着き、早く学校が再開されてほしいです(>_<)

 

このページの先頭へ